賃貸事務所総合サービス 株式会社アルバ

賃貸事務所情報(東京)検索サイト

お問い合わせ
  • HOME
  • facebook
  • facebook

オフィスプランニング

office planning

ワークスペースの確保

ワークスペースとは、オフィス全体の面積から共同使用するパブリックスペース(会議室、応接室、休憩室、書庫等)を除いた面積です。
一般的に1人あたりのワークスペースは、最低1.8坪(約6㎡)程度あると良いとされていますが、実際は1坪(3.3坪)くらいが実情のようです。
OA機器などを多く使用する場合は、更にワークスペースが必要になります。また、将来的な増員、書類増加なども考慮して試算してみましょう。

オフィスの通路幅

オフィス内の通路は、大人二人が相互通行できる幅が必要です。
一般的なオフィスのメイン通路幅は1.2m以上確保しましょう。
一般的な通路で幅0.9m前後、デスク間は1.4m以上の間隔が必要です。

照明

一般的なオフィスの照度は、各自の作業に適した750~1000ルクスを確保する必要があります。

空調

OA機器の設置場所や発熱量を考慮したプランが必要です。間仕切りを作成する場合、空調の妨げにならないよう注意し、消防法に違反していないか必ず確認して下さい。オフィスの快適性を保つ温度(湿度)の目安は、冬季22℃(湿度40%)、夏季26℃(湿度50%)とされています。

収納

ペーパレス時代とも言われていますが、いまだ書類や資料は日々増加するものです。収納性を高めるためにも、天井近くや壁面などの余剰空間も有効活用しましょう。

リフレッシュメント

OA化が進むにつれ、社員の心身ともにリフレッシュが必要になってきています。
オフィスの事務スペース内か、近くにリフレッシュ空間を確保してあることが望ましいです。近年、共用部に喫煙室やリフレッシュコーナーを設けている会社が増えています。

電話の移設

契約者名と移転先の住所が確認できる書類を用意し、現在地と転出先の核電話局で手続きします。

騒音

カーペットはOA機器等の騒音吸収や、歩行の疲労感を和らげる効果があります。

将来性

今後の業務拡張や組織変更、それに伴うOA機器等の設備変更など将来的な会社の成長を考慮することも大切です。

表示変更と各種印刷物の作成

移転に伴い、様々な表示変更を行う必要があります。変更漏れやミスがないようにリストアップの上、スケジュール表を作成し、計画的に進めることをお勧めします。

取引業者への連絡

連絡漏れがないように、リストアップして進めていきましょう。福利厚生施設関係やリース会社などにも忘れず連絡しましょう。

各業者の選定

当社では、自社の内装会社がワンストップでマネジメントを行いながら、お手伝いをさせて頂くことができますので、各業者の打合せ回数や選定等、お客様の精神的な負担や時間効率の部分においても、負担を軽減することが出来ます。もちろん、お客様のご要望により提携先の別のデザイン会社・建築会社をご紹介することや、プランニングの部分的なご提案等、お客様のニーズに合わせてお手伝いをさせて頂きますので、ご相談下さい。

お問い合わせフリーダイヤル:0120-000-000
お問い合わせフリーダイヤル:0120-000-000

都内14区(※)の賃貸事務所・オフィスなら、アルバにおまかせください。

賃貸事務所の移転(東京)には、内装、引っ越し、家具、通信、仲介業者等の様々な業者と限られた時間内で調整を進める必要があり、多くの費用・時間を費やすこととなります。
弊社は『ワンストップサービス』を合言葉に、御社に代わって各業者との調整を行なってまいります。
複数の業者へそれぞれ発注するよりも、コスト面でも格段に抑えたかたちでのご提案が可能です。
何よりもお客様のご要望を優先するため、おかげさまでリピーター率は90%を超えております!
賃貸事務所を東京都内でお探しなら!検索情報満載のアルバへお気軽にお問い合わせください。


※千代田区・中央区・港区・渋谷区・新宿区・品川区・目黒区・世田谷区・中野区・豊島区・文京区・台東区・墨田区・江東区

東京都内の賃貸事務所検索情報満載!お気軽にお問い合わせください。

レンタルオフィス 手数料無料