初の駅伝参加

By | 2014年1月21日
19日の朝、市内主催の駅伝に「中学校おやじの会」のメンバーとして参加しました。
なぜ、参加したのか?
昨年末の忘年会で、急きょ参加メンバーが足り、依頼があったためで、
 嫌でしたが、仕方なく引き受けました。
引き受けた以上は、迷惑は掛けられないということで、生まれて初めて
1月1日から、トレーニングとして走り始めました。
しかし、1日から飛ばしすぎた結果、その6日目には膝と腰に痛みが走り、
7日からは11日まで休養となってしまいました・・・
そして、12日にチームで試走が行われ、結果は、1キロ4分30秒 
トータル9分30秒・・・
僕が走るのは、4区2.1キロのスピード勝負の区間
速い選手は、1キロ3分前後で走り、中学生でも1キロ3分半くらいで走ります。
そんな中、僕に課せられたタイムは、1キロ4分だったので、
一気に1キロ30秒詰めなければなりませんでした。
そこで、時間短縮するために取り入れた方法は、インターバルトレーニング
 ランニングする上で、ダッシュとジョギングを繰り返す方法です。
 13日から18日までの6日間、毎晩0時前後から行いました。
そして、いよいよ19日の当日の朝がやってきました。
6時に起きて、集合場所に向かい、チームメンバーと打ち合わせ、
 その後、待機場所へ到着したのは8時過ぎでした。
第1区のランナーは、9時にスタートで、例年、トップの選手が
4区に到着するのは、9時35分位
それに対して我がチームは、当初9時50分前後の予想
到着するまでの間、僕は準備運動とUPを行っていました。
そこで予想通り、トップの選手が35分過ぎに現れ、後15分後ね~と
のんびり構えていると
なんと3区のランナーが現れたのは、9時42分過ぎ
予定より、速いじゃない!と口走り、慌ててコースに入りました。
そして、3区のランナーから、タスキを受け取り、いざスタート
その3区のランナーは、62歳の男性で、キロ4分で走るランナーですが、
フラフラになりながら、必死にタスキを渡す姿に完全にやる気スイッチオン!
おりゃ~と走り始め、前方に1人発見、爆走し1人目を抜き、その先に
2人目3人目も視界に捉え、再び爆走!
ようやく、追いついたところで2.1キロ終了となりまして・・・
走り終えた後は、その場にダウン
すぐ自分の時計でタイムを見ると8分17秒?
まさかのキロ4分ペース!
正式には、1ケ月以内にタイムの報告があるそうですか、かなりキロ4分に近いと思います。
本番でポテンシャルが爆発しました。
3週間でこのタイムならば、1年あれば、キロ3分半いくかも?
駅伝終了後は、打ち上げで、居酒屋になだれ込み、てんやわんやの話で
 昼間っから大盛り上り!
結果、めでたく来年の駅伝にも、正式メンバーとして、
参加することになりました。(笑)
ちなみに正式メンバーは、10キロマラソンやハーフ、
フルマラソンにも参加しているそうです・・・
まさかのマラソンデビューもあるか…(汗)