マンション管理委託費の削減 1

By | 2015年12月1日

在住するマンション理事3期目の中、今年は理事長を務めています。

1年目、2年目は、前理事長と理事メンバーと協力し、マンション維持管理

のためのコスト見直しおよびマンション立体駐車場の変更や管理規約などの見直し、

管理費や修繕積立金の見直しを行ってきました。

理由は、正直このままの運営を続けると潰れると思ったからです。

しかし、住人の方たちの修繕積立金の値上げに対する理解も取り付け、

この2年間で収支やハード部分やソフト部分もかなり改善しました。

 

そして、今年3年目に理事長として動いていることは、目に見えない竣工図面の

整理でしたが、調べてみると上下水道の配管図や電気設備図面なども紛失している

状況が発覚!

仕方なく、今後設備に不備があった時にすぐ対応が出来るようにそのすべての図面を

CADデータとして残すべく、実測含めて調査費や図面起こしにいくらかかるかの見積もりを

取ったところ、概算で500万円という見積もりがでてしまいました・・・・

 

マンションは、築15年を越えてきており、設備的に考えると不備が起こる確率が

上がっているため、すぐに実施する必要があるのですが、

管理組合費や修繕積立金には、そこまでの余裕はなく、理事メンバー内でも

どこから捻出するの?など、議論している中で一言

「竣工以来誰も手を付けてこなかった管理委託費の見直しをやりましょう」

と言ってしまった私がいました。

 

つづく・・・