引き受けます

By | 2014年2月24日

週末の息子のサッカーの試合に関することで、

友人でもあるお父さんコーチとメールでやりとりしていたところ、

大事な話があるので会ったときに。

なんて言葉で締めくくられ、何かあったのか!!

と心配になってしまいました。

帰宅後、その話を嫁にすると、コーチの奥さんからも連絡があり、

嫁には事前に話の内容が伝わってました(笑)。

内容は、今季でサッカークラブのコーチを辞めてしまう人が多いので、

コーチとして入って欲しいとの要請だったそうです。

以前もそのような話はあったのですが、

サッカーど素人でかつ自分の子供には厳しくなってしまう私としては、

お断りしていたのですが、

子供達も一番楽しんでいる仲間のいる場所ですし、

数年間、本当にボランティアで

あれだけのことをしてくれているコーチの方々の姿をみて、

自分も出来る範囲のお手伝いをしないと、

と思っていましたので、嫁とも話しお受けすることになりました。

実際に何をどこまでやるかは、全く分かっていませんが、

とりあえず、審判の資格をとり、

試合の時に審判をするということがまず一歩のようです。

どうなることやらと思う部分もありますが、

やるからには、自分の息子のようにサッカーが好きになって、

来るのが楽しいという子供が増えるように、お手伝いしたいと思います。

息子達にするように怒ったりは絶対しません(笑)。