Monthly Archives: 2月 2015

不思議なもので

不動産業界で働いていて思うのは、

不思議と重なることが多いということです。

顧客マインドが同じ方向を向いているからなのでしょうか?

そんな難しいいい方をしなくとも、

1つの地区をご紹介していると、その地区、もしくは近隣の案件が続く。

1つの業界のお客様をご案内していると、

他のお客様でも同じ業界の方からのお声掛けが増える。

もちろんお客様もお声掛け頂ける時には重なり、

山を越えてしまうと、波が引いたように静かになる、、、

といった状況です。

もちろん他の業界の方でもあるのことなのかも知れませんが、

不動産というのは意外と人と人やタイミングなどのご縁が大きいところもあるので、

きっと多いのだと思います。

そう考えて、1つ1つの案件やお客様との出会いとお付き合いの仕方を

これからも大事にしていきたいと思ってます。

 

 

守る

基本的にお伝えしたことを守ることが大前提で、何事にも動いています。

ただし、イレギュラーなことも出てきて、お伝えしたことが違って

きた場合は、その理由を明確にお伝えし、お詫びします。

 

そして、出来るだけ言った言わないという話にならないように

紙に残すか、メールで残すようにしています。

それすらも覆すような事をされてしまうと流石に怒ります・・・(笑)

 

反面教師の出来事として、しっかり対応していこうと思います。

 

 

 

 

積もりませんように

もちろん麻雀のことじゃありません(笑)。

本日の夜から明日の明け方にかけて、雪が積もる予報ですよね。

確かにこの寒さだと雪が積もってもおかしくないですが、

電車が乱れたり、足元が取られたりするのは勘弁です、、、。

特に、弊社内では受験生を抱える方もおりますので、

変な言葉も使わないで済むようにしたい!!

という気持ちも込めて、

早く晴れますように、、、。

 

 

 

 

 

空室率

久しぶりに不動産に関する話を(笑)。

空室率とはその名の通りビルの延べ面積に対し、

募集中、募集予定の面積がどれくらいあるかパーセンテージで

表したものです。

リーマンショック以降、空室率が上昇し、

貸主側もなんとか空き区画を埋めようと賃料を下げたり、

フリーレントを付けたり、内装を貸主が設置して引き渡したりと、

色々なことをしてきました。

その空室率が一昨年あたりから改善され、

昨年からは賃料も上昇傾向に入ってきました。

それはそれで、貸主側にとってはいいことですが、

お客様の目線も一旦安い数字を見てきているので、

相場が云々と言ってもなかなか納得して頂けないというのが現状の様な気がします。

もちろん、最近では前向きな移転も多く、

拡張や統合などで大きな坪数を借りたいという方が増えていることからも、

景気は多少なりとも良くなってきているのかも知れません。

今年は更に空室率が改善されることが見込まれるので、

もし、ご移転をご検討の方はやはりプロに相談を頂き、

出来る限りリスクの少ない移転が出来る様にされるといいと思います。

そんな時は、是非アルバにお声掛け下さい。

知識と行動力を兼ね備えた熟練の営業マンが、

親身になって御社の移転に対する問題解決を行います。

宜しくどうぞ!!